10/13 8:00出発
交差点の黄色信号で止まろうとしてスリップ転倒してしまう。
下手に安全運転を心がけたせいで無理なブレーキングをしてしまったようで・・・日本ならそのまま通過だった所を)

 気が付くと救急隊員の世話になっていた。
痛みを感じてなかったが、救急車で運ばれ医療センターで痛み止めと抗生物質を点滴
頭部C/T 腕のレントゲンで骨等に異常なしで開放される(後日請求とのこと)
 ここは、ドクは女でナースは男で日本と人事事情が逆転していた。
病院手配のタクシーでバイク保管場(レッカー移動された後の保管場所)所に(タクシー代病院持ち チップ3ドル?)ゲートを開けるに75$支払い求められ(違反車両の引取だと思わる様子)キャッシュで払い事務所受付に入る。
事情を察したレッカー屋のオーナーがレンタルバイク屋に連絡してバイクと自分をピックアップしてラスベガスまで連れて行くとの手配を交渉してくれた。(このオーナーが後々知らない場所での面倒を見てくれた)
75$と別に、事故現場から」保管場所までのレッカー代285$が別に掛かると・・・これはカードで支払う。
バイク屋が来るか?レッカー屋が運ぶか?交渉しているが、レンタル保険にレッカー代は無料なのでバイク屋に負担を求める交渉をしている様子・・・結論が出ないまま、翌朝5:00にピックアップすると言う約束で安モーテル(モーテル6)に連れて行ってもらう。
病院を出てから、現地では珍しいくずっと凄い雷雨が続いている(タクシの運ちゃん(おばさん)は一時間もすれば上がるよって言ってたが)

自分で大したことはないと思っていたが 包帯の下は擦り傷とゆうレベルではなかった。「結構グロい」
これを書いている今でも未だ痛みがあり、傷口が一部グジュグジュで鼻の下ヒゲは血で固まっている。
レッカー屋が彼は悲惨だと言っていた意味が鏡を見て初めて分かった。
しかし、アメリカの手当はいい加減だな・・・・傷口が包帯からはみ出てるし・・・


モーテルについてすぐにこれから今日6:00(後1時間後)に迎えにゆくと連絡があり・・・しばらくして明日10:00に迎えにゆくと・・・また電話が入る。
また電話が入り、自力で帰れと? 今までの話と違うと交渉。電話での通訳(電話での同時通訳なのだが、発音はいいのだが会話内容は機械翻訳なみで直接会話のほうが未だ理解しやすい)まで入れるがわけが分からず話していると、レッカー屋が晩飯抱えて部屋に来たので、電話を変わってもらう。話が通じないので明日朝バイク屋に連絡して交渉すると言う。

※電話の同時通訳 アメリカでは普通に使われている様子で、会話が行き詰まると3者通話で通訳が介入してくる。
アリゾナではラテン語での表記はしてある(これが 英語の特別なことを書いてあるのか 単語分からなくて最初焦った)

本日の晩飯はオーナーが持ってきてくれたマクド(ビックマック パイ4個 ポテト コーラ) 食べきれず 明日のランチに・・・

10/14 朝9:40結局バスで行けと言うことに・・・がバスの予約が取れないと話すと後に予約を入れてくれて、バス・ステーションまで送ってくれた。

バスステーションから見える山は雪をかぶっていた。

ステーションでチケットを受け取り待っていると、バスが故障でキャンセルと成ったと告げられ、レッカー屋にメールして助けを求めると30分後来てくれて交渉していると4時間遅れで運行すると連絡が入り、そのまま待つことに

待ち時間があるので、近くのスーパーマーケットにバンドエイドを探しにゆく。
ぐるっと店内一周見て回るが日本のスーパーとさして変わらない。 バンドエイドとバスの中での飲み物を買う。
珍しいものとして日本酒がおしゃれな容器で売られていて、結構メジャーな存在になっているのだなと・・・豆腐はあるが日本のもとは違うし高い!

結局19:30(約6時間遅れ)で出発(一度キャンセル扱いになったのでガラガラ)して 24:00ラスベガス着 (途中キングマンでマクドに30分停車)
途中にフーバーダムの横を過ぎるのだが グーグルマップで位置確認しながら、外を見ていると数秒間 照明されたダムらしきを見ることが出来た。

バスステーションからサーカスホテルまでタクシーで25$(5km程なのだが?もろ遠回りしているのが判る)チェックインするとこの値段では部屋は離れ(モナー)となる 一旦外に出て 行く事になると・・・
教えられように歩いていると警備員に何処かと聞かれ部屋番号しめすと反対方向であると部屋まで見た案内される(チップ2$)でホテルと言うより別棟のモーテルの一室となる。
ツインベッドの広い部屋であるが、コーヒー等の提供ない。(モーテル以下 だが 3日間で宿泊費が50$だからしょうがない総額は160$ほど)
しかし、このサーカス・サーカスホテル 施設は色々あるが全くの迷路である。


アメリカでの医療費:   翌月11/19 医療費 請求 が来た。
明細が判らん・・・
U/S ABDOMINAL LTD SINGLE ORG $214   腹部?意味不明 (止血消毒及び鎮痛&抗生物質点滴&処方箋かなと)
ECHOCARDIOGRAPHY TNTEERP $291   頭部CT 手首レントゲン? (たぶん)
E/R VISIT LEVEL5 $763            緊急医療レベル5 (救急車込なのか?)
で toaal $1268   約14万6千円程 恐れていたほどの額では無かったが、
これで全部なのか後日他から請求があるのか分からないので
旅行保険会社に請求書をコメントを付けて送付(後処理宜しく・・・)