気まぐれ過ぎる? アメリカ一人旅(ツーリング)


2018/10/10 十分な計画もなく、ただグランドキャニオンをハーレーで走る計画を先週立てて、デルタ航空でラスベガスまでの往復航空券(最安値7万円)を取り、現地のレンタルバイクを4日間借りる手配のみして渡米(荷物も最小限)


まず準備段階から
1 航空券  WEBで最安値と日付で検索(パックでなく直のほうがやすかった)し、WEBチェックインで席の指定まで出来たので、これは成功とする。(機内wifiは有料であった)

2 レンタルバイクは世界的なグループであるイーグルライダー(各地に支店がある)予約可能だったスポーツスター1200を
9:00amピックアップ-9:00amドロップの4日間 保険は最小にて予約(約8万円)

3 WEB環境 wifiレンタル グローバルwifiで10日間 980円(保険は入らないで) これは安かった。
本来、電話付きのフリーSIMを買うつもりだったが、機種がUSA周波数に適合でなかったため、仕方なくレンタルwifiとした。
(ある意味失敗   電話が使えない メールが打てない(自分サーバー) の問題が現地で発覚)

4 お宿  (出たとこ勝負)
1日目:出発の前日にレンタルバイク屋の近くのモーテルを予約(歩いていける場所) Booking で予約
2日目:暗くなりか掛けた時間で通った町で飛び込みの田舎のモーテル。
3日目:暗くなってしまってから、最初に見つけたモーテル(スーパー8朝食付き) 空きがなくダブルベットでチト高額
4日目:事故ってとどまることになったので、最安モーテル(モーテル6素泊まり) Bookingコムにて当日予約。
5-7日:ラスベガスで3連泊最安値のサーカス・サーカス ホテル(素泊まり)Bookingコムにて前日予約。
  (もっと安いところもあったが、深夜早朝のチェックインが出来そうでなかったため此処にした)
※モーテルではチップは使わない(現地情報)  上記すべてでwifiは無料で使い放題。
ホテルでは(_o_)...ゴメンナサイでチップに一ドルとポケットに有った全てのコインを置いてきた。

5 空港-ホテルのタクシー  WEBで調べいた値段のほぼ倍掛かったので(遠回りしているのは分かった)
予めUBRをインストールしておけばよかった(電話が通じないと使えない)ので現地でインスト不能だった。
IP電話もUBRも日本国内で電話が使える状態で準備する必要が有った。(失敗)

6 ドル  空港のATMでキャッシング 200$が最高なので、200$とチップ用に60$・・・どっちも20$札で1回3$の手数料が着くのでなるべく200$降ろしたほうが良い。
飲み物買って崩して置いた。 チップとガソリン代(満タン)以外現金はほぼ使わないのでこれで間に合った。
(タクシーもカードだと3$手数料がかかるので、現金がいいと運ちゃんが言ってた・・・その前に遠回りスンなよ!)

7 食事  何食っても上手くはないので、チップを払うような所は回避・・・てかマクドで腹いっぱい
ラスベガスホテル内の自販機も販売店も価格は高めで、しかも自販機はお釣りが出ない

8 カジノ   暇だったので10$だけスロットマシンをしたが、元々賭け事に興味が無いため、つまらんかった。

9  コスト  今回総額で約36万円(パスポート&ビサ手数料除く)    50万ほどを予定していた。
 尚、射撃代に6万5千円 事故処理に4万円と旅以外のオプションが入っているので貧乏ツアーなら25万ほどでアメリカ グランドキャニオン周遊 ハーレーツーリングが可能である。これは学生でも十分な金額ではなかろうか?

10 感謝   事故処理を行ったレッカー会社のオーナー Mr.Johnson ごっそりのマクドナルドと帰り道の手配及びバス賃まで負担(私のカードがらひかれてないのでおかしいと思ったら)してもらった。見知らぬ地での親切はほんとに有り難いが、此処までしてくれるとは思いも寄らなかった。 この好意の恩返しと言っては大げさながら、多少なり興味を持ってくれたデサルフェーターを取り合えす郵送した。(Mr.Johnson かなりの切れ者なので、何か展開が有るかもしれない。)


サブメニューに戻る