追訴 (法人ゆえに認められなかった損害の請求)


本来個人事業主であれば認められる 労働損失及び営業損害
これが法人と言う理由で全く認められなかった。

所得税法で 個人の所得と見なす・・・・・・・「敗訴確定」

法人でも個人営業と同等とみなす・・・・・・・「未確定」
これは、最高裁判例で「個人企業と実態が変わらないにもかかわらず、個人事業では認められる損害を認めないのは不公平とした」もの


しかし、判決確定時には事故より3年以上経過している・・・
そして判例を調べると、3年の短期消滅時効の開始時期と援用に於いて「権利濫用・信義則違反」が適用さされる場合がある。

僅かながら可能性が有ると、ただ諦めるよりと、追訴に及んだ。


判決言渡し 出廷するとその場で判決を貰えるかと聞くと、翌日なら渡せると・・・で翌日取りに行く。
書記官室に行くと担当が居ないので待てと・・・わかってるのだから準備ぐらいしとけと言いたい。
10分ほど待って受け取る。その場で主文読むと予測に違わず「請求棄却」

まず、原告は「株式会社」であると・・・・いきなりまともな企業呼ばわり(以降の予測が立ってしまう)

前訴高裁で誤字を執拗に通級されたので・・・



1 損害につての裁判所判断(各 判決書の画像切り抜き)



雇用して給与を払ったとは一切主張してないが? (よって証拠も何も無いが?)
大体16日休業したとも主張してないし・・・(休業損失が16日認められただけで・・・)





労働能力のセンサスを主張してますが・・・



腕が動かないで飯もマトモに食えないと言っとるに・・・・精密作業など出来るわけなかろうが!
更に、前訴高裁では喪失したことを認めていることを引用してるに、審理もせずにわざわざ覆してるし
数量も間違えてるし・・・




予め仕入れて有ったと言っとろうが(在庫写真まで証拠提出して)
経費の内容は不明でもそれを含めて損害であるが、損害額が明らかでないから請求に理由がないとは・・・・
(そもそも、前訴高裁判決で個人でなく法人の損害であるとされてるのにである)






此処に至っては意味さえ解読できない・・・認定ミスが正当?





最高裁判例の適用を強く主張しているにもかかわらず、主張すら無いかの如く
全く触れもしないのは 正味怒りを覚える。

2 時効についての裁判所判断(各 判決書の画像切り抜き)





個人の損害であって、法人格の損害と認識は出来なかったと主張してる。
すなわち、同一損害に対して2者(法人と自然人「物理的に同一人」)二重提訴(法的には成らないらしいが)



単に判例違反だと行ってるに? 何を立証しろと言うのか?