裁判AI化   敢えてロボット裁判官 としたいところだ



特許庁の職員も恐れるAI化である。 これが実現すると裁判官の殆どが職を失う・・・
殆どの弁護士も行政書士と変わらない仕事内容になってしまうであろう。


実現不可能かと言うと、車の自動運転と比較すれば技術的には容易といえる。
より簡単に精度を上げるために、入力段階からフォーマット多段階選択して
(現在の訴状では、情報の仕分けが出来ないのでAI化が難しくなってしまう)


1 入力毎に判断の絞り込みを行うと供に必要情報(証拠等)の入力を即す。
借金の返済か? 交通事故か? 等 事例毎に次の段階の入力を即す
証拠(書証)は画像判断で真偽(修正偽造の可能性」を予備的に判断し、入力との整合性を図る

2 事例ごとに必要情報が入力されたところで、被告に情報開示し反論の入力を即す
証拠も同様に入力して、1に対する要件が纏まったところで、原告に反論を即す。

3 2と同様に原告と被告の反論を繰り返して情報の判断基準満たす。

4 過去のデータベースから判断基準を比較して整合性の最も高い判断を自動で行う。

5 判決自動作成して、原告及び被告が控訴しなければ、確定してデータベース化する。

6 控訴の場合、前記1-5を繰り返し、判断材料を付加して再判断する。

7 上告の場合初めて最高裁裁判官の判断が機械判断材料として加味され決定判決となる。
 (人に判断は直接でなくて機械を通して行うことで、機械の判断精度を上げるとともに論理不備をチェックする)

AIとして自動学習して最適判断を下すように成るまで過去の裁判資料を入力してゆけば
自動的に最適解を得られるように成る。(AIエンジンそのものは現在のもので十分である)
(気象庁のように無駄にスパコンを使う必要もなく googl当たりに話すればただで作ってくれるかも?)

過去の資料から判断に困る(機械が)時は初めて、優秀な裁判官のお出ましと成る。
(この場合も判断資料は機械が用意するので時間は掛からないであろう)


特許審査のAI化よりは、格段に容易であろう。何故なら訴訟は99%似たような事例で構成されるからである。
このような判断は入力さえキチンとすれば創造性は不要な機械が得意(統計アルゴリズム)とするところであるし、
間違ってもさして」問題もなく、現在のようないい加減な判決は一掃されることだけは保証できる。
言い換えれば、全ての判例を記憶し判断する機械のスーパー裁判官の誕生となるのである。
          そして機械の判断だから”恨み節”が生じにくい。
ただし、家裁が行うような人情が絡む問題は中間に人が介在せざるを得ないとは思われるが
基本的には情報入力の過程でほぼ判定されるであろうから、AIとしては低レベルで実用可能であるといえる。
(自動運転のように 失敗が許されない&判断速度が求めれるものと違い、やる気にさえなれば容易であろう。

コスト的には、裁判官10人程の給与をITベンチャーに外注すれば、必死で良いものを作ってくれると思う。
また、AI化とは大げさだがIT化されればコストも掛からないで、合理化の効果が非常に大きいものである。


技術的、コスト的には実現可能であるが・・・・抵抗勢力の調整がつかないと思われる。
    最高裁がIT化の調査予算を採ったらしいので、気にはしているのだろう。

※下手に人間の判断を介在させようとすれば、複雑化して真トモなシステムにならないでタダの金食い虫となることは
保証するが、役人はこれが好きだ!(機械「論理」は人間「曖昧」とコミニケーションしたくないのだ)


最後に、これと同様に医療判断も同様にすることが出来る(但し医師法&厚生省認可が問題)
アナログ時代のエリートと言われる職業は比較的容易にAIに取って代わられる時代なのだ。
教育もそうだが先生と呼ばれる職業はほぼロボット(コンピュータ)に置き換えが容易になっているのだ。