経済性



電動ハイブリッドカーより圧倒的に低コスト
基本的に電動ハイブリッドカーからバッテリー、モーター、電力制御器、のコストを引いた物とすることが出来る。
代わりに増える物はLPガスボンベと同じ程度空気タンク(これもフレームの空隙を利用できる)


家庭用コジェネシステムより低コスト
小型乗用車1000cc相当のエンジンで10-20Kwは十分に発電でき、コストも自動車のエンジンとほぼ変わらない。
空気タンクとしてLPボンベ4-10本程度で蓄圧、温水470l相当のタンクなどでもエコキュートの高級機とほぼ変わらないであろう。


蓄電システム(鉛バッテリー) 規模によりコストは違うが寿命が違うためトータルコストで優位


サブメニューに戻る