舌癌・・・・発見から治療法決定までのプロセス

2013/12/18 パイプたばこを電子タバコ(ニコチン+グリセリン溶液)に  いわゆる禁煙
2014/4/15 舌の裏が痛み口腔外科(初診)口内炎+白板症(医師はこちらの方を重要視)

2015/2/20 一年近く通院するが口腔外科 処方薬効かず、
自己療法にてビタミンA 人参1本/日とビタミン剤で一月にて医師による白板症も含めて寛解宣言。

2016/3/29  また口内炎(同じ箇所)かと 下に当たる部分を近所歯科で歯を削る

2016/12/20 ほっておいた口内炎が大きくなったので 協同病院へ再診-すぐに紹介状を持って、八王子医療センターへ

2016/12/21  電子タバコも禁煙 
10時頃八王子医療センターに到着、初診受受付して2F口腔外科へ2時間程待たされる(水曜は多いとのこと)
まず、医者の顔が曇る 触診 リンパも探る   血液検査にてマーカーは正常とのこと
造影CTにて舌右腫瘍と見られる影+顎下にリンパの影がある     悪いよようだ。
すぐさまPETの予約。。。血圧が200を超えているので手術できない内科と調整の必要がある。
生検 麻酔注射2本 さして痛くはない、5分ごメスで色々切っている5分ぐらいか
切っていれば、多分医師の目にははっきりと分かるるだろう。
生検の結果を見ないと断定できないが、予定は進めておくとのこと、まず間違いない。

2016/12/22  生検の麻酔切れの痛みもほぼ無く おにぎり お菓子を食べた
生検前より痛みが少なく快適に成っている。
血圧のけんで手紙を持って森田病院へ逝くが医師が理由を理解できないようであった(やっぱ200超え)
24hr超えてニコチン切れのイライラ出現(綿棒噛んで凌ぐ)

2016/12/24 血圧がある程度安定 禁煙4日目 生検跡がチクチクする(痛み止め扶養中)

2016/12/27 ガン st2 宣告 歯科医 転位に見えたのは違ったと・・・・3辺共に、
c021:舌縁807/3:扁平上皮癌、角化、NOS「1:高分化型、分化NOS」
角化を伴う高分化「高分化型です安心してください」扁平上皮癌(転移の足が遅く、完全に切除できると治癒の可能性が高いがんです)
を見る、浸潤性である『浸潤』は,がんがまわりにしみ込むように広がることです」。
発生部位として舌前部より舌後部が予後が悪い。
 組織型では未分化なものほど予後が悪い。squamous cell carcinomonwell diff.,invasive
耳鼻咽喉科に移り、サイバーナイフ治療は一刀両断拒否され 部分削除で手術決定
午後、肺活量 心電 レントゲン 造形MRI と矢継ぎ早
担当医 助教 近藤 貴仁 耳鼻咽喉 日本頭頸部外科学会頭頸部がん専門医

2016/12/28 武蔵村山病院で朝からPET どれ位掛かるか判らないので 7:00出発 通勤帯にもかかわらず8:00 着
予定より30分早く検査なった。PET特別室で震えていると暖房を上げてくれたりといいかんじ。
放射性の液が漏れたらマズイと針を挿し直し・・・何もしない動かない2時間結構辛い。
腹部を使いで撮って、お会計¥29180    ペットの水も自前の医大は35000と行っていたので2割安
今宵は一杯ヤンベと刺し身を買って帰った。

2016/12/29 痛みが結構あるが 夜人参とビタミン2錠 食事中後半から痛みが消えた

2016/12/30 朝5:00 写真 痛みが殆ど無い。(朝の粘膜が剥がれるような痛み) コーヒーを飲むとまだ少し痛む。
生検からの痛みだったのか? ビタミン効果なのか? 判断できない。

2016/12/31 痛みが戻るがまた止む? 鏡で見ると下に歯型がくっきりと付いている・・・舌を動かしていると痛みも無くなる。

2017/1/3 痛みが出たり止んだり、血圧が正常範囲まで下がった、禁酒&緑茶効果であろうか?

2017/1/4 舌を動かさなければ痛みなし 、朝把握後血圧は130/75
 11:30 医療センター耳鼻科より電話にて 胃カメラ後に耳鼻科診療10:00予約とのこと・・・
 何か悪い予感、PETにて転移見つかったか?


2017/1/5 9:00 胃カメラ 結構長い15-20分 痛くないが気持ち悪いが長時間 画像を見ながらビクビクものである。
十二指腸にポリープ発見ちょん切って、病理検査へ 結果は1/11にるだろうとのこと
10:00 耳鼻咽喉科の診療  造影MRIにて舌部腫瘍が中央部に達している感あり、オトガイの方にも小さな疑い
その他遠隔転移なし PETは異常なし、胃カメラもほぼ異常なし
よって 舌の半分は切除しなければならないので再建が必要 1/20の手術は無理で 手配確認中
医大本院で1/下旬 八王子医療センターで2/9位   1/11の同伴は日を改める。

2017/1/10 東京医科歯科大学病院 放射線科 吉村 亮一教授 に電話 AUグレインによる治療は現在も可能 
 現主治医に紹介状と画像を出してもらって検討可能 (主治医には強い意志を表さないこと・・後日拒否される可能性あり)

2017/1/11 9:00 30分待にて耳鼻科診療 Auグレイン小線源治療の資料を見せて 紹介状とデータdiskをお願いする。

 2/9手術予定をキャンセル 次は2/23の予定。小線源療法自体については異議はなかった様子
 但し、オトガイ筋浸潤は 4aであるから対処可能かどうか・・・
 PETにては現れていないと質問すると、PETは有るか無いかだけで場所までの特定はMRIで確認とのこと
 であるが・・・紹介状とdiskで970円也
 午後 医科歯科大 放射線治療科 吉村先生 電話予約
 
2017/1/12 医科歯科大学 初診受付け から 診察開始 11:30  診察40分ぐらい 会計が終わって 13:30
Auグレインで対応できる大きさではないため、イリジウムにて対応(鼻チュウブ食+完全個室 1週間  PCはok)
1/30入院 1/31シュミレーション 2/1挿入 2/8退院予定
 中央部モヤは癌かどうか判らない オトガイ近辺は見当たらない  TS1で小さくなるかも?
本日夜より抗癌剤TS1(一週間分で7500円)開始となる。

2017/1/13 痛みが続く・・・舌横にシコリが突出してきているこれが痛みの原因

(この前までシコリは感じられなかったが、今は目に見え 触って分かる) ちと痛むのでカロナール2錠

2017/1/14 12時間よく寝た、そしてよく夢を見た (TS1の影響か?)

2017/1/15 シコリが少し小さくなったような気がする(痛みが少なくなった) ts1の効き目?
眉間の角質層が無くなった・・・これもTS1の効果?

2017/1/16 よく寝た 痛みは変化なし 見た目状態も変化なし・・・
20171/17 変化なし
2017/1/18 変化なし

2017/1/19 医科歯科大 受診 血液検査はすぐに終わり11:45 放射線受付に 13:00 診察 女医さん(中川恵子助教授)にバトンタッチ  紹介書ではT4aとされるがここでは T2である。
血液検査異常なし st1服用 後7日 すぐさま 歯科へ スペーサー型取り アズレンリドカイン嗽液+ts1を院内処方

歯学部へ行き、結構待つて歯型を取る&歯のチェック  口腔ケアが宜しくない 歯周ポケットが 左7mm 右10mm大きすぎる
のでレントゲンを撮って次回 

2017/1/23 少し小さくなったような感じがする。 微鼻血左 ts1副作用か かぜ症状 37度 一日寝る


2017/1/24 小さくなっている 36.7度 微鼻血左右
 9:00  胃カメラの胃生検結果を聞く 問題なし 鼻血は少し切れている・・・診断終了
舌癌については再検診の場合は再度診療報告(紹介状」)が必要で八王子診療センターでの受診は終了。
  診察料220円  36.4度 平熱

2017/1/25 小さく成っている。突起部を感じない。 風邪症状続く・・・朝小便の出が悪い 尿道が細くなっている感じ 36.8deg


2017/1/26 朝一の小便にて最初2滴血が出た(血尿ではなさそう) 痛みはさほどでもないが 小便後切れたような痛みが残る。36.7度
医科歯科診療  12:00 血液検査  13:00 放射線 診察
 採血後 学食で豚生姜焼き+ひじき+ご飯大 431円也
12:45診察  ts1の所為か鼻血&尿道炎を話すが、医師の知識の及ばない所・・・
入院説明を受け レントゲン+心電とって会計 
帰宅途中回転寿司食す。小便時 最初に血の塊用のものが出た(2滴程) さほどの痛みはなし

2017/1/27 ts1副作用と思われる尿道炎 小便は少量ずつ出すようにして 出血なし 36.7deg 昼鼻血でてた!

2017/1/28 腫瘍は感じられないほどに、鼻血ありで鼻をかむと血塊が出る。 小便時の血は止まったようだが、絞って出す。 


2017/1/29 昨夜より下痢 明日より入院