治療後 経過4  放射線晩期障害 潰瘍編 (随時更新予定)


2017/12/26 寒さ&乾燥のためか郭清後の突っ張りが酷く、 舌偽膜後がヒリヒリする(鍋で熱いものを食した火傷?)
癌告知から一年経過・・・未だ元気、青い空の下バイクでの山道が気持ちいい。(冷えた体に熱燗&鍋も最高)

2017/12/30  舌偽膜後がヒリヒリする(アズ軟膏塗ってるが改善なし、多少腫れ感あり)

2018/1/3  ヒリヒリ続くのでチョコラスプレーしてみると非常に染みて悪化したかも
鏡で観察すると潰瘍になっている Bbスプレーにはメントールが入っているため以上にしみた様子
2度の火傷で表皮壊死した可能性 アズノール軟膏は全く染みない、シコリ感はない
偽膜後の範囲表面がヒリヒリする&少し盛り上がって偽膜が生成されているような感じ

---------------------------------以下火傷の症状
1 度     ひりひりして赤くなり一時的に色素沈着があるが、
       すぐに軽快します。
2a度     痛みが強く赤くなり24時間以内に水泡形成します。
       治療により上皮化して色素沈着など起こしますが、半年位で消失します。
2b度     潰瘍を形成し上皮化に長期間かかり瘢痕を残します。
       関節部位などは早期の植皮が必要です。
3度(4度)   黒色のかさぶたを形成する。知覚も失われて痛みがありません。
       1〜2週間で範囲が限局します。範囲が狭い場合、上皮化します
       が、痕を残ります。上皮化しない場合は、植皮が必要です

正常細胞はこの炎症部分の細胞に細胞分裂を繰り返して修復しようとします。
しかし、何度も炎症を起こし、新しい細胞で修復することが間に合わなくなると、粘膜がなくなり「潰瘍(かいよう)」になってしまいます。
潰瘍とは病気のために,粘膜や皮膚の表面が炎症を起こして崩れ,できた傷が深くえぐれたような状態です。

深達性U度熱傷やV度熱傷の場合、皮膚の表皮〜真皮まですべてやけどを負ってしまっている状態であるため、
皮膚付属器官がほとんど失われてしまっています。そうするとどう治っていくかというと、
周囲の皮膚がぐっと縮まり、線維化することでやけど跡をふさごうとします。
こうした治癒の仕方をすることが、ひきつれの原因になります。
---------------------------------------
2018/1/4  舌改善なし アズノール軟膏塗布
写真:潰瘍部周辺 表面が少々固く、触るとヒリヒリする (周辺火傷2度A 潰瘍部2度B〜3症状)
10/26の写真と比較すると以前より潰瘍部に窪みがあり、表皮が薄かった様に見受けられる。
シコリ感はなく、舌裏は柔らかい。舌表面を押し広げると、シワの部分が割れており、全体的に荒れている
また、郭清&放射腺後唾液量が極端に減少し、唾液粘土も非常に高く、就寝中にも口内乾燥で舌が腔内にひっつく感
唾液減少、乾燥、偽膜形成後の表皮状態(熱傷に弱い)これらの悪条件に鍋の豆腐(相当熱く感じた)により通常以上の熱症を負った。
と思われる。
*********頻度は低いが 放射腺晩期障害
放射線治療終了後数ヵ月?数年経過して潰瘍(かいよう)形成を発症する慢性の皮膚障害は、回復も遅く、治療が困難なことがあります。
耐用量以上の照射 第4度皮膚炎 回復不可能な皮膚潰瘍・壊死(えし、皮膚の欠損)⇒外科的切除・皮膚移植が必
*********
疑い的には晩期障害だろう・・・

2018/1/5  舌に痛みが出てきた。

2018/1/13 舌の痛み多少和らぐ アズノール軟膏効果が見えないので高頻度緑茶嗽に変更 (見た目余り変化なし)

痛みのピークは1/8位で2週間程度かけて悪化-その後改善に向かっている様子(偽膜症状と同じサイクル?)

2018/1/15 検診日 11:00 採血受付するが超満員 待ち時間1時間 (満員電車状態)
札持って耳鼻科 11:50受診 潰瘍は良性との判断 CTが有るのでエコーは休み、その後20分後に採血の順番が回ってきた。
13:15 造影CT 13:30放射腺 画像が遅いので先に舌の検査  晩期障害か火傷 併合だろうと
14:45画像が上がり、ざっと見肺異常なし、頸手術後でまだ様子見だが現状異常なし ただ術後の静脈がかなりふさがっている
脳の血流は問題ないが顎、頬の結構不良は起こる(起こっている)  <<為す術なし
15:00 会計200人以上の待・・・食堂で食事して時間潰すもまだほとんど進んでいないくて待ち人で溢れかえってきた。
16:00会計 16:30支払い 10210円なり 次回2/19
※郭清後5ヶ月で転移は発見されず、ひとまず転移の山は超えた様子で一安心。
   郭清手術の後遺症:頸の引きつり&肩の神経麻痺は改善なし・・・・である。

2018/1/21 5:30 起床 s2 多少和らぐ

2018/1/28 4:00起床 多少改善したかも

2018/2/1  4:00 起床 s2 多少改善
2018/2/8  i医療費が相当掛かったので。初めて医療費控除の申告をする(2/15を待たずe-taxでポチ)
※前日にetaxで届けを出した環境が有るので小一時間だが、環境がないと半日以上はかかるだろう
正味 紙で出だしたほうが早いのは間違いない。

2018/2/16  潰瘍部奥側に新たな潰瘍 痛み出す。
(2/9に小さな潰瘍出現)一週間でここまで成長した模様。
             
2/10時点で小さな潰瘍が・・・              2/16時点で大きく広がった。
2018/2/17 5:00起床 s2 痛む

2018/2/18 舌の新しい潰瘍の痛み 増す 痛みのピークか?



2018/2/19  昨日よりマシになったよな気もするが、やはり痛む

 11:15耳鼻科受付 12:00耳鼻科診察
硬結なしでも潰瘍追加で生検したがる・・・頸超音波異常なし
12:15放射腺 受付後すぐに診察開始、教授&助教の触診診察 悪性ではないとの判断
(一週間でこうなると癌だと超悪性・・・刺激を与えないように)
痛み止め 一週間分処方して会計12:30 待1時間 1580円也 
京王線に橋本行が無い!!(人身事故で橋本-多摩センター不通)開通を待って15:00橋本着
処方薬買って(ロキソニン12錠で490円) 16:00帰宅 とりあえず ロキソニン飲んどく
  (ロキソニン市販薬12錠600円ほどなので市販薬で買ったほうが安く付いて待ち時間も無いだな処方箋と薬局(薬価の3倍)
   もろ保険適用分2倍が薬局の利潤 ぼりすぎだろ
   薬局の過剰請求をなくせば、国の医療費が1-2割削減できるのではないかと想像する。)

2018/2/21 痛む ロキソニン 旧潰瘍部は改善している様子が伺えるが、新潰瘍は成長している模様
2018/2/22  痛む ロキソニン
2018/2/23  ロキソ 赤み増している様子
2018/2/24 変わらず痛い ロキソ
2018/2/25 夜間痛みでカロナール2 薬で痛み和らぐ 朝 カロナール2
2018/2/26 昨日より痛み改善するが カロナール22
2018/2/27 痛み続く カロナール2

潰瘍側部に1mm程度の黒点発見、昨日の写真に薄く見えるが今日はくっきりとした黒点になっている。
血豆が表面に浮かび出てきている感じで、爪で掻いても取れない。舌の表面は新陳代謝が早く約3日で細胞が交代
(2〜3ヶ月の間に、直径7ミリ以上、急激に巨大化したら要注意。)
夜 痛むので食なし 
2018/2/28 黒点は小さく消えかかっている。
痛み刺激の所為か唾液の量が増えてきている。
2018/3/1 痛み変わらず 黒点完全消失 見た目改善しているような?

2018/3/2 痛み改善したような?
2018/3/3 痛み続く  コーンフレーク ミルク
2018/3/4 夜間 痛むカロナール 朝 痛み増す
痛むのでカロナール2  バナナ2ミルクジュース  コーンフレーク プリン  カロナール2のんで就寝
2018/3/5  痛む 見た目変わらず 昼 ラーメン卵 焼きそば
夕 桃ヨーグルト 染みて廃棄 その後 痛みが増す  カロナールで就寝
2018/2/6 痛みで起床  起床後痛みは収まる

舌の横5mm程度欠落(収縮)潰瘍部が壊死している様子(2/24-収縮開始 3/1-大きくなる)
観察:舌の裏奥に柔らかいシコリ(押すと痛み)
萎縮性舌炎か?  痛むのでカロナール2 コーンフレーク ミルク
2018/3/7  痛む 見た目上面は改善している様子 側面-裏面に移動
カロナール飲んで コーンフレーク ミルク
夕に 豆腐味噌汁 かなり滲みる カロナール飲んで就寝
2018/3/8 痛む クビレは明らかに小さくなってきている

昼 コーンフレーク(880kcal袋)2/3ミルク(500kcal/パック)0.7?L 
 900kcal相当  ミルクは痛みが小さくなる。(冷やすからか?) 
2018/3/9 0 起床 起床時は痛み緩和 (就寝時は痛みにより目覚め)
昼: ラーメン卵とじ 夕:卵雑炊 結構滲みる
2018/2/10  痛み増す
指で舌をめくった所 φ6のスネークカメラ撮影
1舌の裏を見ると 奥歯の後がくっきりと炎症を起こして、炎症の周囲が固く(厚膜化)なっている。
  肥厚性鼻炎・・・炎症が進行し粘膜が硬く厚くなった状態・・・これと同じような現象か?
昼:コーンフレーク*ミルク2皿食して  舌に奥歯が当たらないように下マウスピース装着して様子見。
此処の所痛みでフヤケたコーンフレークばかり1000kcal/day以下でこの一月で-6Kg 血圧も低下で
舌以外は健康そのもの・・・・(痛みで喋れないので障害者かな?)

2018/3/11 舌を動かした時の皮がはがれるような痛みが軽減(マウスピースの効果が有った感じである)
2018/3/12 お茶が滲みる 嗽 触ると側面歯型がかなり凹んでいる
2018/3/13 夜間 痛みにて歯磨き カロナール2 
目視にて 1mm程の黒点 2/12時点にて極小検知 :内出血の模様(以前の所から15mm)  歯磨き+上マウスピース追加
2018/3/14 痛みで目覚め 我慢  上マウスピースの所為か歯茎に痛み 下のみにする 嗽
黒点ほぼ消失 奥の舌縁硬くなっていて痛む
[ラウリル硫酸ナトリウム、皮脂を溶かし、炎症を起こす物質なんです。] との記述
で、今まで使っていた歯磨き粉の成分を確認すると全部に入っていた・・・歯磨きのたびに激痛が走るわけだ!!
薬用で歯にはよくても舌に悪い(そんな注意書きもない)なんだなか〜
無配合歯磨き :   シュミテクト
---------------
褥瘡性潰瘍
組織が圧迫されて長い間循環が阻害されると,その部分は壊死に陥り,潰瘍を生じる。褥瘡(床ずれ)がそれである。
口腔内では,う蝕(虫歯)のために欠けた歯の鋭い縁や,適合の悪い義歯の縁などで長期間圧迫され,
摩擦されたとき,舌,歯肉,粘膜に潰瘍が生じる。潰瘍面は灰黄色の膿苔でおおわれ,周辺部は硬い。
癌のようにみえることもある。原因を取除くと短期間で治癒する。
---------------------
2018/3/15 多少痛む  腫瘍部の明らかに肉が薄く(中身が溶けている)なっている。
2018/3/17  痛みで嗽  嗽(水歯磨きと水ジェット)これで痛みは収まるので唾液成分が疑わしい。
外見変化なし(黒点0.5mm程度浮いてきた)
2018/3/18  痛みで嗽 痛みで顎にしびれ感(黒点は消失)
2018/3/19  痛みなく目覚め 見た目変化なし 多少腫れが引いて柔くなったような・・・
---------------------
喋ると痛み出すので、文章にて受診。
経過
昨年末の潰瘍部は改善してきたが、前月受診時の舌横の赤みは
2週間ほど前で改善、しかし横裏に歯型部に移行、元腫瘍部が収縮して一部が変形している。(肉薄、横凹み)
1週間ほど前、痛みがましたので、歯型部を下歯マウスピースにて保護 多少改善 歯型周辺部(腫れ感あり)が固くなっている。(横凹み変形が多少戻っている)
痛みの具合としては、急性期の偽膜の痛みと同じような痛みと、舌を動かすと舌の粘膜が剥がされるような痛み(顎までしびれる感じ)
マウスピースにて剥がされるような痛みは軽減されている。(マウスピース外すと再現される)
唾液が高粘度で時間が経つと口内ネバネバ(2−3Hr)となり痛みが出てくるが、水のみ歯磨き+水ジェットにて痛みが収まるので細菌性の可能性も?
昨年からの体調変化として高血圧だったものが血圧が100/60mHg以下に成る程低くなった(血行不良促進?)体重-7kg
必要なら毎朝のスマホ画像にて変化確認可能です,

先月より痛みのため食事がまともに出来ないため
リドカイン嗽 ロキソニン アズノール軟膏  2週間分処方要望(放射線科)
----------------------------
11:20受付 11:45 耳鼻科診察 文書と写真見せて、触診・・・生検
とりあえず、エコー 問題なし、放射線化(かなり怪しいとの見解)行って帰ってきて 生検する。
放射科12:50 受診 硬くなっているので癌が残っていた可能性が高い。再度小線源(金粒)は無理
耳鼻科に帰って12:30 生検 皮膚麻酔して細い針の麻酔してパンチで一瞬にして完了、止血にレーザーで焼く
痛みも殆ど無く短時間で終了。来週月曜 同じ時間に再診結果・・・癌だとすると2cm程度あるので半分切開 皮弁になるだろうと・・・
癌で1-2週で2cm程度に大きくなる場合もあるとのこと・・・
13:20 会計 薬代込7990円也 内病理が4890円  ロキソ+リド嗽+軟膏で483円
記念撮影すると 舌の縁を切符切りを入れた様な跡が(思っていたところより手前)

-------------
小線源治療の場合このような局所再発は約 1 割弱の方に生じますが、そのうちの約2/3は2年以内に現れます
--------------

帰宅後  リドカイン嗽後 コーンフレーク1皿 リドカイン速攻痛みが消える ご飯も行けそうだ
嗽後 デキサルチン軟膏塗っておく
2018/3/20 朝 嗽 軟膏 見た目変化なし 痛みは和らいでいる。
2018/3/21 痛む(生検?) 嗽 見た目変化なし しこりが柔らかくなっているような?
 生検部シコリが感じられない 奥も腫れ感あるが柔らかくなっているような?(軟膏のおかげ?)
2018/3/22 夜間 生検の痛み?でカロナール2 起床後 痛みは収まる 生検跡は粗消えている
   kai14.gif

2018/3/23  痛み改善 生検部シコリ感じない 奥の硬化部もエッジが丸くなっている。
2018/3/24  痛み改善 生検部 白から赤(偽膜がとれた感じで血豆に変化) 
2018/3/25 皮が剥がれるような痛みは無くなった ヒリヒリは残る。(血豆は消えた)
  妙な尿意で少しの尿と血尿尿道に傷付いたようだ(此処の所の水分不足で結石したか?)
2018/3/26  表面にピリピリ感在るが軽減  見た目変化なし
 11:00 耳鼻科受付 11:50診察 病理は白(ホットする) 12:00 放射腺 12:30会計 1:00会計終わり
 14:20薬 リドカイン嗽が院内処方なので根気よく待つが・・・偉く待たされ催促してやっと出た
次から耳鼻科担当移動にて 4/19 木 11:00- 郭清オペ担当医となる。

2018/3/28  多少ヒリヒリする
2018/4/1 起床時痛み 嗽で軽減
2018/4/2 動かすと切り傷の様な痛み有り(舌裏の剥がれるような痛みは軽減)
2018/4/4 多少の痛み
2018/4/5 起床時痛みあり
2018/4/6 水を飲んだら痛みが出た 生検跡白くなっている
2018/4/7 痛みでリド嗽 見た目変化なし
2018/4/8 痛み殆どなし 
2018/4/9 痛みあり 舌横下 φ10mm程陥没 白く偽膜化している 嗽 (残滓が出てきた:痛みの原因だったか?)
2018/4/10 痛みあり  外食そば(痛みで涙)
2018/4/11 多少痛み  寒気で朝寝
2018/4/13 刺激しなければ痛みなし リド嗽 軟膏は下裏なし(潰瘍部は免疫力低下を防ぐため無薬とした)
2018/4/14 夜中痛みで嗽 
2018/4/15  痛みでリド嗽 舌先の方までピリピリ痛み範囲が増加しているような カロナール2錠
2018/4/16  痛み少ない(ビタミン剤2錠/日に増量)
201/4/17  多少の傷み リド嗽
2018/4/18  多少痛み  
2018/4/19 多少痛み 7:00 リド嗽 
 11:00耳鼻科受付 12:30 受診 洗浄して触診 非常に怪しい 忙しいので見ている時間が取れない(様子見で2週間後と言われるが 1月後に予約 薬1月分処方) 首周りは簡単に触診でOK
 12:40 放射腺 受診 舌裏の窪みが1.5倍に大きくなっている 浸潤性のがん疑いが非常に濃い 生検の必要あり
 痛む舌上面は炎症で横は放射腺の影響、舌裏の潰瘍は浸潤性の癌の影響と言うことで5/1 14:00耳鼻科で生検予約
  耳鼻科と放射線で微妙に診断食い違う。殆待たずに薬が出てきて、程なく会計リド嗽10本 軟膏4本込みで 会計990円
2018/4/20  痛みはさほど無い 大きくエグレた所が偽膜化している。
   

2018/4/21  痛みさほど無い
2018/4/22 舌を動かさなければ痛みなし
/*-----------------------
がん性皮膚創傷の初期には、硬結、結節および腫瘤が現れます。
腫瘤は腫瘍組織部位に流れ込む血液を介して栄養や酸素が運ばれることで、徐々に大きくなります。
腫瘤が増大するにつれて、周囲血管からの栄養供給が不十分となり、微細血管がもろくなり、易出血性となります。
また、腫瘍組織において、たんぱく合成が不能な状況を繰り返すことによって虚血状態になり、壊死・自壊がおこり、
滲出液を伴った潰瘍病変となります。
さらに組織崩壊が進めば、たんぱく質分解酵素を分泌し、患部はカリフラワー状に拡大します。
壊死した組織に細菌が感染し、さらに繁殖すると炎症が生じ、滲出液量と臭気が増します。
/*-------------------------
2018/4/25 痛み少々
/*-------------
「がん光免疫療法」日本での治験(フェーズ1)が、いよいよ国立がん研究センター東病院(千葉県柏市)で再発頭頸部がんを対象
今回対象とするがん種は、頭頸部(喉、口、耳、顎など)にできる扁平上皮がんです。
これまで他の治療法で効果がなかった再発頭頸部がんの患者さん数名を対象に、まずはこの治療法が安全に行なえるかを確認する試験を実施します。
頭頸部がんのがん細胞表面には、EGFR(上皮成長因子受容体)が強く発現しています。
治験にはEGFRに特異的に結合する抗体(セツキシマブ)にIR700という光感受性物質を合体したRM1929という薬を使います。
RM1929を静脈注射して一定時間後に近赤外光を体表面に照射して安全性を調べます 験期間は3カ月〜半年を予定しています
          治験に参加いただける患者さんの身体状況(患者選択基準) 以下のすべてに該当する方が対象となります。
ok 文書による同意が得られる方
ok 18歳以上の方
ok 全身状態(Performance Status)が0から2である方 0: まったく問題なく活動できる。発症前と同じ日常生活が制限なく行える
? 組織学的に頭頸部扁平上皮がんと確認された方
mybe 白金製剤を含む化学療法の治療歴がある方(白金製剤が不適の場合を除く)
pen 既存の有効な治療法がない方  (標準治療で外科手術)
mybe 測定可能病変がある方
ok 各種臓器機能が保たれている方
ok 4ヶ月超の生存が見込まれる方
*/-----------------------------
   てなことで再発してても治験に該当しそうにもない 
2018/4/26  痛みほぼなし 
2018/4/27 痛みなし 
*/----------------
再発に対する再度の組織内照射 130Gy以上でも重篤な合併症の発現の少ないとの報告書、周辺被曝鉛遮蔽使えばもっと安全かも
*/----------------
2018/4/28 痛みほぼなし  痛みの箇所に有った腫れ感も無くなっている。
2018/4/29 痛みなし 舌を動かすと接触痛は残るが、ちょっと我慢のレベルまで改善
2018/4/30 痛みほぼなし 歯磨粉を少量付けて歯磨きしても染みなくなり、嗽も痛みが殆どなくなった。
2018/5/1  痛みない 13:00耳鼻科受付 14:10診察も潰瘍改善傾向(余りに深いため生検は必要だろうとのこと)のため生検どうするか言うことで、
改善傾向に刺激することに違和感がありにて、再度様子見にして
2週間後5/17 14:00 (今確定すると手術は6月中で、多分舌1/2切除になるだろうとのこと) 会計220円 
2018/5/2  痛みなし 昨日の診察で洗浄した所為か潰瘍部の偽膜が無くなりピンクに名手生検跡が白く変化
  
2018/5/3 痛みなし  舌の痛みは消えたが喉の手術跡が突っ張って痛みを感じ、真綿で喉を締められている感じが継続。
2018/5/4 痛みなし
2018/5/5 痛みなし 
2018/5/6 痛みなし