三次元測定とは

       



三次元測定の効用

データをさまざまな計算により(簡単なところでピタゴラスの定理等)直接計測することが出来ない事が測定できます。

たとえば、とてつもなく大きな富士山の高さ(最近ではGPSを利用して測定しているようです)も 計算で求めることが出来ます。土木、建築で利用される測量と呼ばれる手法でよく利用されています。

高精度な測定、精密な機械の精度は1/10000mm(サブミクロン)を必要とするものも有り、 人間が直接測定出来ない精度もコンピューター制御された三次元測定機であれば可能となります。 現在、製造業の主な三次元測定機の利用実態で、三次元測定は精密測定と勘違いしている人が居るくらいです。

三次元測定したデータをコンピュータで視覚化(最近のコンピューターグラフィックスにも利用されています)、 強度計算(破壊しなくてもどれだけの力で壊れるか、変形するか予測してしまう)、 シュミレーション(製品を実際に造る前にコンピューターの中にバーチャル(仮の)製品を作ってしまう 等、コンピューターを利用することで今まで考えられなかった事が簡単に出来てしまいます。 これからの情報化社会に技術革新の一端を担う技術です。