三次元測定の種類

       


直交座標型

一般的に三次元測定機と言うとこの形式を指、製造業(特に精密部品加工業)で多く利用されていて、 高精度の測定向きで精度は10ミクロン程度〜サブμにおよび多くはCNCと呼ばれるコンピュータ制御によって 測定作業が行われる。中でも門型(ブリッジ)が高精度で一般的で、価格的には1,000万から3,000万が 一般である。

 


多関節型

従来より基本的な概念はあったが、精度が悪く実用に成らなかったが、現在のハイテクセンサー、 コンピュータ技術の応用で実用となるものが開発された。特徴として、低コストで簡単に広い範囲が測定出来、 コンピューターとのインターフェースが手軽に採れ、3Dーデザイン、グラフィック等高精度測定以外の分野で 利用(日本では未だ一般的ではないが)されている。 詳細はここをクリック


形状測定機

画像の取り込みに使用するスキャナ−(二次元)の三次元バ−ジョン,パソコン用のスキャナ−はかなり低価格に成ったが, こちらの方は未だ高価格である。


    三次元測量器

建築、土木でよく利用されている測量器で、離れた場所の目標を照準器(ライフル銃に付いている望遠鏡)で視準(狙いを定め)て 照準器の角度を計って、測量計算法で必要な距離を算出する。  最近はレーザー距離計で一回の測定で三次元が測定できるものも開発されてる。   精度は作業員の熟練度に大きく左右されるが、高精度の測量器と測量の鉄人のコンビネーションで0.1mm以下の精度も可能。 又、自動的に高精度測定を機械(レーザー自動追尾測定機)も開発されているが、かなり高価でマイホームとあまり変わらない。